透明鱗のその後

我が家のギンブナ透明鱗のその後

3匹飼育してまして

かなり変化が有りました!

8月に撮影した時は

殆ど鱗を感じさせませんでした

鰓の所が少しだけ鱗の反射で金色に光ってます

 

そして現在

一見変わりないですが

お腹の透け具合が少なくなってきていますし

目の下にも金色が出てきてます

しかも反対側は

だいぶ鱗が出てきました

 

他の個体はもっとでして

 

マダラに金色鱗の個体

ガッツリ普通に戻りつつある個体も、

体内のグニアンってぶしつが欠乏して

透明鱗になるらしいですが

成長するにつれて、元に戻る個体もあるらしいですね!

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

また変化が有ったら紹介します。

4 件のコメント

  • Unknown
    緋変やショートボディ、交雑種は捕獲したことありますが、
    透明鱗はまだないのでいつか捕まえてみたいですな~。

  • Unknown
    >かとぅ~さん

    非ブナ捕ったのは凄いです

    透明鱗は居る所はかなり居ました
    また来年夏前に捕れるんじゃ
    ないかと思ってます

    水族館の方の話だと
    濃尾平野で多く発見されてるそうなんで
    かとぅ~さんも捕れるかも!

    って,只のフナなんですけどね。

  • Unknown
    へ~!!
    もとにもどる個体もあるんですね~!

    ところで、グニアンって何で欠乏してしまうのですかね~!?

  • Unknown
    >四国六郎さん

    さあ、それが分からないから突然変異っていうんですかね~?

    因みに、アルビノはメラニンの欠乏らしいです

    このままでも良いし、普通に戻ったVIP待遇じゃなくなるだろうな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。