貝の用水路

今回は貝観察です。

ここは両岸と底がコンクリートで護岸されていて、砂や泥も少な目ですが、貝殻が沢山沈んでたので、見に行ってきました。

両岸のコンクリート部分にスクミリンゴガイの卵塊が見受けられます。

早速、底の砂をかき回してみると

マシジミが沢山網に入ってきます。

マシジミに混じって

カワニナ

そして

卵塊の犯人スクミリンゴガイです。

余り数は確認出来ませんでした。

更に

ドブガイ

ドブガイの稚貝(コイツ1つ持ち帰りました)

続いては

イシガイです。

イシガイも多数確認

マツカサガイの殻も確認できましたが、生体は見つけることが出来ませんでした。

今回訪れた用水路には貝は多数居ましたが、魚系は1匹も居ませんでした(なぜだろう?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。